入札参加資格申請

お知らせ

平成26,27年度入札参加資格申請(建設工事)の代理申請を承ります。

群馬県では平成25年12月9日から平成26、27年度入札参加資格申請(建設工事)の定期受付が始まります。当事務所はインターネットによる入札参加資格申請が始まった平成18年から群馬県内の多数の建設会社様の入札参加資格申請の代理申請をさせていただいております。

豊富な実績を有する当事務所にまずはお電話をください。ご協力させていただきます。

費用は報酬38,000円、印紙代等経費1,700円の合計39,700円となります。


建設工事の入札参加資格申請とは

 国、県、市町村から公共工事を受注しようとする場合、入札参加資格を得ていなければなりません。この資格を得た者のうちから国、県、市町村は工事場所のある近隣の建設業者を指名して、希望業者に入札をさせ、落札者に工事を請け負わせます。これを指名競争入札といいます。これに対し一定の条件に合った業者であれば誰でも入札に参加できる一般競争入札もあります。いずれにしろ国、県、市町村から入札参加資格を得ていなければなりません。

 この入札参加資格を得ると国、県、市町村からA、B、Cなどのランク付けをされ、そのランクに該当した工事の競争入札に参加できることになります。

 

入札参加資格申請するには、事前に経営事項審査を受けていなければなりません。

 

 入札参加資格申請には定期申請と随時申請とがあります。定期申請は2年に一度、期間を定めて申請を受け付けるものであり、申請をし認定されると4月1日から入札参加資格を得ることができます。すでに入札参加資格を得ており、今後も公共工事の入札に参加を希望されるのであれば、国や各自治体が定めた入札参加資格申請の期間にこの申請をすべきでしょう。これに対し初めて入札参加資格を得たい業者は定期申請あるいは随時申請をすることになります。随時申請はいつでも申請することができ、申請した翌月あるいは翌々月に認定されます。

 

群馬県では入札参加資格申請はインターネットにより行います。

当事務所におきましては定期申請、随時申請とも対応させていただきますので、ぜひお声かけください。ご協力させていただます。

 

入札参加資格申請の概要はこちらから

 ○建設工事

 ○物品・役務